京都市内でショートステイも可能な介護施設

kaigo_kigae

ショートステイについて

京都マイスイートホームは終身型の有料老人ホームですが、ショートステイも可能な介護施設です。ショートステイは介護をしているご家族の方が何らかの理由で、家を空けるときに便利なサービスです。お年寄りを一人で家に残していると、さまざまなトラブルが起こる恐れがあります。認知症のある方だったら、薬を飲み忘れることもあるでしょう。また徘徊してしまい、行方が分からなくなる危険性があります。だから、ご自分が自宅を離れる時は介護のプロが働いている介護施設にご家族を預けるのが最善の方法です。

料金

京都マイスイートホームは1日当たり3000円というリーズナブルな価格で、利用できます。この価格には食事代がすべて含まれています。食事は他の入居者と一緒に取ることができます。それが嫌な場合は、自分の部屋で取ることも可能です。有料老人ホームの入居者が行うレクレーションに参加することもできます。レクレーションへの参加は任意であり、自分の部屋でのんびりすることができます。自分の部屋にいる場合は、この介護施設のスタッフが2時間に1度程度の割合で、声を掛けに来るので寂しさを感じることはありません。

生活のリズム

お年寄りにとっては自分の家で生活するのが一番ですが、何らかの理由でそれが不可能になることもあります。そんな場合はまずショートステイを利用するのが良い方法です。いきなり老人ホームに入っても、そのホームでの生活に馴染むのに時間がかかることがあります。まずショートステイで老人ホームの生活のコツをつかむようにすれば、将来入居する時の予行練習になります。

姫路・播磨の「大浴場のあるビジネスホテル」

急に姫路に行くことになった

姫路城

世界遺産の姫路城があり、兵庫県西部の中核都市の姫路にはJR姫路駅近辺にホテルは沢山ありますが、大浴場月のホテルをリーズナブルに価格で宿泊するなら、繁華街から少し離れた場所のホテルがお奨めです。姫路南部の幹線道路である国道250号線沿いにあるホテルアストンプラザ姫路は大浴場のあるホテルとして知られています。JR姫路駅から車で15分南下した場所にあります。飾磨周辺では目立つ大きなホテルです。車があれば身動きがとりやすく非常に便利です。最寄駅は山陽電車の飾磨駅で駅から徒歩10分くらいです。

今回利用したホテル

客室は清潔で一般的なビジネスホテルの広さです。バイキング形式の朝食付きで三千円代から宿泊料です。コストパフォーマンスが非常に優れたホテルです。一番の魅力は大浴場です。ビジネスホテルと言えば、客室の狭い風呂とシャワーが定番ですが、このホテルには、2015年10月にオープンした綺麗な大浴場があります。

温泉気分で仕事や観光で疲れた体をリフレッシュするとこができます。駐車場は予約時に、あらかじめ車種や車番を伝えておけば、駐車枠を確保してくれます。フロントを始めとするスタッフの対応は丁寧で好感を持てます。

部屋で無線LANを使えますが途切れがちになることが多いので、フロントでLANケーブルを借りた方が良いでしょう。ネット環境も充実しています。

朝食はこんな感じ

清潔感のあるビジネスホテルで加湿器の貸し出しも行っています。浴室やトイレをリフォームし、客室以外も清潔感があります。駐車場無料で、朝食バイキングも品数豊富です。

姫路グルメの1つになっているアーモンドトーストも朝食で食べることができます。夕食時間は食堂が解放され、なくなり次第終了となりますが、御飯と味噌汁が無料になっています。姫路B級グルメの1つの姫路おでんを買ってきたり、近くのスーパーやコンビニでおかずを買って食べることができます。時間が合えば、スーパーで見切り品を購入し、格安姫路B級グルメの夕食を味わうことができます。ホテル近辺には飲食店も数軒あり、海産物を中心とした新鮮な料理を味わうこともできます。

最寄駅の山陽電車飾磨駅

最寄駅の山陽電車飾磨駅から東の妻鹿界隈は黒田官兵衛ゆかりの土地です。国府山城址・黒田職隆廟所・英賀神社・英賀城土塁跡・英賀城跡・松原八幡神社・播磨国総社などがあり、ホテルを拠点に観光をすることもできます。神社仏閣も多く、秋には勇壮で知られている灘の喧嘩祭りで有名な土地です。

京都観光モデルコース|レンタサイクル

京都での観光は市バスや地下鉄が便利です。なんて話をよく聞きます。
しかし、はたしてそうなのでしょうか? その答えは?

京都観光で便利な移動手段は「自転車」です。
エコロジー・排気ガスゼロ・健康にも良い!

というわけで、私が実際に体験した嵐山観光モデルコースを|レンタサイクル編をご紹介させて頂きます。

まずは、JR京都駅からご案内させて頂きます。京都駅は交通の要です。
新幹線 JR在来線 近鉄線 地下鉄 市バスバスターミナル 空港からのリムジンバス
空港特急はるか など

京都にお越しの観光客はまずといっていいほど京都駅に到着します。
ですのでご宿泊先も京都駅周辺のホテルが非常に便利です。

いざ!嵐山へ。と言っても京都駅から嵐山へは自転車だと結構時間もかかり体力も消耗します。ここは京都駅からJR嵯峨線経由「嵯峨嵐山駅」へと向かいます。

今回は
嵯峨嵐山駅から徒歩10分ほどの京都サイクリングツアープロジェクトさん
自転車をレンタルしました。ご利用料金:1日 1,000円

10:00 渡月橋に到着

京都サイクリングツアープロジェクトさんの目の前にはもう有名な渡月橋があります。
まずはここで記念写真はいかがでしょう?

鈴虫寺

和尚さんによる説法は女性に人気があります。

地蔵院

「そうだ京都行こう」にも紹介された地蔵院はあまり知られていない場所です。

ランチ

野宮神社

竹林

 

化野念仏寺

化野念仏寺 入口

IMG_9288

化野念仏寺 竹林

平野屋

この場所はよくCMなどの撮影で知られています。何年か前にHondaフリードのCMで登場しています。この場所は私のお気に入りの場所で、サイクリングに出かけた時は必ず立ち寄ります。なんといっても雰囲気素敵です。

愛宕念仏寺

京都冬の旅 玉鳳院(ぎょくほういん) 妙心寺

玉鳳院(ぎょくほういん)外観

毎年冬に催される「京都冬の旅」は今回で50回目を迎えます。
普段一般公開されていない重要文化財が公開されます。

1ヶ所の拝観料 600円

個人的な意見としては少々お高めです(場所によりけりですが)。ここだけの話。
しかし、ガイドの方が常におられ詳しく説明をしていただけます。

今回訪れたのは妙心寺の中にある妙心寺の中にある「玉鳳院(ぎょくほういん)」

花園法皇さまが妙心寺に隣接して創建した建物です。法皇さまと開山さまは、ここで問答を行い、禅の教えを深められました。

内陣には花園法皇さまの木像が祀られています。
境内の東北に位置するところに豊臣秀吉の子、棄丸のお霊屋があります。

妙心寺は臨済宗妙心寺派の大本山です。広大な敷地には46の塔頭寺院が立ち並び「雲竜図・日本最古の名梵鐘・明智風呂」など、多数の見所があります。座禅会(毎週土曜開催)・法話のつどい・写経会・御詠歌など催し物のご案内、毎月2本の法話を連載しております。

 

妙心寺は24時間解放されていて暮らしの生活道路となっています。高校生も通学するのにお寺の中を通って通学していきます。JR花園駅から妙心寺に入っていく姿もよく見かけます。
周辺には山城高校、花園高校や京都学園高校、少し北に行けば洛星高校がある閑静な所です。

玉鳳院(ぎょくほういん)

京都冬の旅「玉鳳院(ぎょくほういん)」詳細はこちら

雲龍図法堂へ

妙心寺は敷地も広大で私の大好きな場所です。意外に知られていないのが法堂にある雲龍図です。拝観料500円でガイド付きで案内していただけます。

1.雲龍図
2.国宝の梵鐘(日本最古の梵鐘で、吉田兼好の『徒然草』にも記されている名鐘)
3.明智風呂

これだけの内容で500円は価値があると思います。
是非ともご覧ください。

_MG_9369

 

男の京都ひとり旅

京都ひとり旅 (2)

金曜日の夜。

ふとしたことから「ひとり旅」に行きたいもの。
仕事のこと、妻や恋人のこと、己のこと…。

午後7時、仕事終わりで京都へ。新幹線の車中で宿泊施設を探した。
「京都駅ビジネスホテル」で検索

検索にヒットしたホテルは
・アパホテル
・京都近鉄ホテル
・京都プラザホテル

予約したのは京都プラザホテル
このホテルは朝食無料で大浴場もある格安ビジネスホテルだ。
聞いたこのない名前なので少々不安だが仕方がない。

21:30 京都駅到着

京都駅中央改札口を出て左方向の八条口に向かう。そして京都駅を背にして右方向へ。
大きな交差点八条油小路を左に進むと道沿いにあるらしい。と、ホームページに書いてあった。

約10分ほどでホテルに到着

21:45 ホテルチェックイン

チェックインも早々に済ませた。
予め新幹線で調べて予約していた料理屋にいくことに。

フロントでタクシーを手配し目的地へ

22:15 小料理屋へ

タクシーを走らせ鴨川沿いのおしゃれな小料理屋へ
一人で乾杯し物思いに耽る。

鴨川の水面に映る月明かりは十分に私の心を癒やしてくれた。

ホテルへ帰る途中で京都で人気のラーメン屋「新福菜館」「第一旭」を発見。
タクシーを停め店に入る。どちらも繁盛している。

運良く席が空いて店内に。
店に入ったのは「新福菜館」。醤油ラーメン、いわゆるブラック系のラーメン
疲れた体に醤油の塩分が染み渡る。

25:00に帰る

シャワーを浴びてすぐに眠った。

7:00 起床

なぜ私が京都に来たかというと本当の理由はこれだ。
「座禅体験」
今一度、自分を見つめなおす時間が欲しかった。

7:15 チェックアウト

荷物をフロントへ預けて目的地「三十三間堂」へ

ホテル近くのバス停「九条近鉄前」よりバスを利用し約20分
京都国立博物館(三十三間堂前)下車そこから徒歩で2~3分。

三十三間堂 8:00

冬場は9:00開門
それ以外の期間は8:00より開門しているので早起きの私にはうってつけ。
シーンと静まり返った本堂はわたし以外に数人の観光客。

1000体の観音立像は言葉では言い表せないほど素晴らしい。
みるみるうちに体内にパワーが漲る感じがした。

残念ながら次の座禅体験まで時間がなかった為40分ほどの滞在だったが仕方がない。
次の目的まではタクシーで10分ほどの 座禅体験「両足院」

9:00 座禅体験 両足院

やっぱり「心が洗われる」無心になれる。
所要時間は60分
志納料 1,000円

日程などの詳細はホームページを確認。
両足院の詳細はこちらをご覧頂きたい。

 

次の目的は鞍馬寺。

最寄り駅の京阪線「祇園四条駅」まで徒歩9分
京阪線「祇園四条駅」から「鞍馬寺」まで70分

ホテルでもらった地図

意外に紙ベースのものは便利
裏面にはバスの路線図もあり人目で現在地と目的地が判別できる。
主要な観光スポットまでの詳細が書いてありこれ一枚で京都観光は問題ないだろう。

京都観光マップ

パワースポット 鞍馬寺 11:30

雍州路で早めのランチ

京都御所

東本願寺

京都駅 夕食

京の豆腐と言えば「南禅寺豆腐」。南禅寺順正でゆどうふ会席と老舗名店の味をご堪能ください。

冬は静寂の寺社仏閣

など様々な体験が可能です。

ひとりですのでレンタサイクルなんかも便利ですねぇ。

着物レンタル

京の町にはやはり着物がよく似合いまよ◎
たくさんの種類の中からお気に入りの着物を見つけて、着付けてもらって、いざ京都観光でかけましょう!!

京都へのアクセス

関西国際空港より
リムジンバスで

大阪国際空港より
リムジンバスで

関東方面より
新幹線で

九州方面より
新幹線で

北海道より
飛行機で

沖縄より
飛行機で

京都駅周辺の観光地

新幹線までに時間に余裕のある方に駅周辺の観光スポットや、おみやげ情報をお届けします。

源氏発祥の宮 六孫王神社

六孫王神社の場所ですが、東寺の北西隣りにあり当ホテルから徒歩10分となっております。

六孫王00000000.jpg
所で、六孫王とは清和天皇の六番目の子の子(清和天皇の孫)である清和源氏始祖・源経基の事であり、源経基がこの地に住みこの地で臨終した事からここが「清和源氏の発祥」とされております。皆様ご存知の通り源氏は源平合戦に勝利、血縁として木曽・足利・新田・細川・島津・山名・今川・明智・小笠原・武田・松平・徳川・結城・・・・などなどの武家に続いております。まさしくこちらの地が武家社会のスタートの地となっております。
六孫王00000101.jpg

境内はそれ程広くなく閑散としておりますが、実はここは桜の名所であり春になると地元の方々の花見名所となっております。

六孫王00000202.jpg
六孫王00000303.jpg
「東国の源氏、西国の平氏」と言われており源氏と言えば関東のイメージがあります。しかし、源頼朝が伊豆に流されるまでの約200年間、ここに源氏の拠点が有った事がすっかり忘れ去られ歴史上の隠れスポットとなっております。東寺東門から徒歩5分の距離であり、東寺へお越しの際には是非「六孫王神社」へお立ち寄り下さいませ。
六孫王神社⇒http://www.rokunomiya.ecnet.jp/index.html

六孫王00000606.jpg

「おとうふ料理」京豆富 不二乃

本店は北野天満宮の近くで、国産大豆を使用したおとうふや湯葉、豆乳を素材にしたデザート等不二乃オリジナルのヘルシーなおとうふ料理がいただけます。

おとうふ好きの私はよく利用させていただいています。

11階にあるので窓から京都の景色も昼夜問わず楽しめます。

IMG_0957[1].jpg

IMG_0959[1].jpg

IMG_0958[1].jpg

IMG_0960[1].jpg

IMG_0964[1].jpg

IMG_0963[1].jpg

上の写真は「おとうふ屋さんのゆばづくし」です…いかがでしょうか・・・季節ごとにメニューが変わるので、年間通して楽しめます。
女性だけではなく、男性にも人気です。京都駅周辺でお食事をという方にはお薦めです・・・
海外からのお客様も多い京都ですが・・ローカルハラルの認定もあり「藤野ハラル膳」の提供もされています。
人気店なので、予約がベストですおいしい
JR京都伊勢丹 11F 京豆富「不二乃」
電話075-352-5401
営業時間 午前11時~午後10時

 

 茶寮 都路里 抹茶パフェ

いかんせん毎回行列・・・満室中々はいれませんでたが、
つい先日、ようやく入ることが出来ました。

20160107_112959.jpg

タイミングがよかったのか、全く並ばずにすみましたが、
店内は意外とお客様で溢れており、景色を見れる窓側には座れず・・・
その代わりといってはなんですが、小庭の近くの席を確保。

20160107_113344.jpg

オススメ商品の特撰都路里パフェ
待つこと約7-8分・・・時計

抹茶パフェ.jpg

うまそー!!!!
白玉、抹茶白玉、抹茶カステラ、抹茶アイス、抹茶寒天等を
ふんだんに使った京都ならではのパフェ
次回はこのほうじ茶パフェにチャレンジ!!
是非ご賞味下さいませ
京都伊勢丹店
所在地 下京区 京都伊勢丹 6階
電話番号 075-352-6622
営業時間 10:00~20:00(L.O. 19:30)
定休日 不定休
アクセス JR、近鉄、地下鉄「京都」駅直結 京都伊勢丹 6階

祇園本店
所在地 東山区四条通祇園町南側 573-3 祇園辻利本店 2階・3階
電話番号 075-561-2257
営業時間 平日 – 10:00~22:00(L.O. 21:00)
土・日・祝 – 10:00~22:00(L.O. 20:30)
定休日 無
アクセス
京阪電車 – 祇園四条駅5分四条通沿い
市バス – 祇園バス停下車

 

東洋亭のハンバーグ! 京都駅

ここは京都・北山にある1897年創業の老舗洋食レストラン「キャピタル東洋亭」さんが本店のお店です。

東洋亭看板.jpg

京都に来た友人を京都駅まで迎えに行き、連れて行くのがだいたいこのお店。「京都いうたら和食!って思てるかもしれへんけど洋食もおいしいねんで~」と言うと意外がられますが。

おすすめは東洋亭ハンバーグステーキ。今回はランチにいったのでハンバーグステーキにサラダ、パンorライスがついたAセットを注文。(ちなみにBセットだとこれの他にコーヒーor紅茶とお好きなデザートがつきます。)

サラダがこれ!
東洋亭トマト.jpg

まるごとトマト!毎回産地を厳選してらっしゃるそうでめちゃめちゃこだわられてます。今回は熊本産でした。
正直私は生のトマトが得意ではないのですが、これはトマトの甘みがおいしくて食べやすい。まさにまるごと食べられてしまう魔法のようなサラダなのです。

このサラダは全部食べきらずメインが来るまで少し残しておきましょう。残ったドレッシングとトマトをパンに付けて(パンはメインと一緒に来ます)食べるとこれまた絶品なのです。是非お試しあれ。
そしてそして来ましたメインのハンバーグステーキ。

東洋亭メイン.jpg

添えてあるベイクドポテトもインパクトがあっていいですね。(本当はアルミホイルに包まれているのでそれを切り開いて食べるのですが、空腹のあまり写真を撮るのを忘れてました。なかなかこれもインパクトがあるので見ていただきたかった…是非店頭でご覧下さい)

熱々のハンバーグを頬張ると幸せ一杯になりますね。やっぱりハンバーグって美味しいな、としみじみ思いました。
今回はランチにお邪魔しましたが、ディナーはお酒も各種取り揃えられているそうで、お昼とはまた違った雰囲気が味わえそうです。私も次回行ってみようと思います。

グリルアンドバー東洋亭(近鉄みやこみち店)
11:00~22:00(L.O.21:00)

京都駅でカフェタイム♪「星野珈琲店」

京都駅でゆっくりとカフェタイム喫茶輝き
そんな時におすすめしたい店が新幹線のりば(八条口)すぐそばの「星野珈琲店」

星野珈琲外観.jpg

外観は京都らしさを感じる町家風になっています輝き
店内もついつい長居してしまうほど居心地がいいです!
私のおすすめメニューはパンケーキレストラン
分厚くてふわふわうれしーハート2
季節によって限定メニューもあります。(写真は秋の栗のスフレパンケーキ)

パンケーキ.jpg

このパンケーキ、平日は11時からの提供となっておりますのでご注意くださいませ。
また、焼き上がりまで20分程かかるので時間がある時に行ってみてください輝き

星野珈琲アスティ京都店
営業時間 7:00~22:15(LO 22:00)、モーニングOpen~11:00

京都探索 東寺

東寺のまわりをぐるりと一周して、いろいろと情報収集をして参りました。
駆け足だったので、どこにもほんのしばらくしか立ち寄っていないのですが、そのときの雑感などを。

kita0124_01.jpg

まずは東寺の門前で、こちらは東門です。
T字路になっているので、ここを左折。
五重塔を右手に見ながら、大宮通を南下しました。
そのまま九条通と大宮通の交差点まで進みます。

kita0124_02.jpg

こちらの交差点には、京都銀行と三菱UFJ銀行がありまして、近くの銀行では大きいほうなので、両替が必要な外国人のお客様などによくご案内しています。
kita0124_03.jpg

ここを右折すると九条通で、こちらに面するかたちで南大門があります。
さすがに大門だけあって、さっきの東門よりどっしりした作りで風格がありますね。
この日は平日で、さらにあいにくの曇り空に風が冷たかったので、人影はまばらでしたが、それでも写真を撮っておられるかたが何人もいらっしゃいました。

九条通と京阪国道の交差点で歩道橋を渡って、幅のせまい壬生通へ。
ちなみに、ここの歩道橋が撮影スポットとして最適です。
うちのナイトスタッフのY城が撮影した東寺のギャラリーにも同じアングルからの写真がありますが、私も撮ってみました。腕のまずさは置いておくとして、構図的には良い感じかと。
歩道橋の中央から撮ったのがこちらで

kita0124_04.jpg

階段から撮ったのがこちらです。

kita0124_05.jpg

kita0124_06.jpg

階段から撮ると、ちょうどお堀がフレーム内に収まって、シロウトでもそこそこ様になるのがありがたいですね。
ただ、この歩道橋、けっこう高いので、高所恐怖症のかたにはツライかもしれません(と言うか、私のことですが)

壬生通を進んで、京都では進学校として超有名な洛南高校を通過、八条通に行き当たります。
ここには「六孫王神社」という小さな神社があります。

kita0124_07.jpg

こぢんまりとした神社で、見落としてしまいがちなのですが、実はこちら、清和源氏の始祖、源経基を祀る神社として、源氏三神社のひとつとされている、知る人ぞ知る神社です。「六孫王大神」(ろくそんのおうおおかみ)とは経基のこと。
境内には小さな本殿と拝殿がありますが、何しろちんまりしているので、すぐに見て回れます。

kita0124_08.jpg

kita0124_09.jpg

kita0124_10.jpg

kita0124_11.jpg

私が行った午後には、子どもたちが集まって遊んでいましたが、それもまた懐かしい昔ながらの日本の情景を見ているようで、何となく伝統との調和を感じさせられました。
東寺を見学されたら、こちらもぜひどうぞ。

壬生通はここで行き止まりなので、ここからは八条通を北門まで。
この北門の前には「日の出老舗」という和菓子屋さんがありますが、こちらの「弘法さんのおはぎ」はぜひ試していただきたい一品です。

kita0124_12.jpg

kita0124_13.jpg

地元では有名で、特に東寺で弘法さんの縁日があるときにはすぐに売り切れになってしまいます。お味も、甘さもしょっぱさもほど良く、何個でもいけてしまうおいしさです。
おはぎの他にも、もちろん、普通の和菓子もありますが、季節限定の栗餅パイが特におすすめです。
評判は耳にしていたものの、私はまだ試したことがありませんでしたので、この機会におみやげに買ってかえりましたが、ほんとうにおいしくて、何度でもまた買いに来ることになりそうです。

日の出老舗でおはぎを買った後は、北門をくぐって東寺の中に。

kita0124_14.jpg

東寺に来るのは何年ぶりか、ちょっと覚えていないくらいに久しぶりでしたが、五重塔の変わらぬ綺麗なシルエットをすぐ近くで拝んできました。

kita0124_15.jpg

kita0124_16.jpg

当ホテルにお泊りのお客様は、観光のかたは当然、ビジネスのかたも、忙しいお仕事の時間の合間を縫って、わざわざ足を運んで見て行かれる人がたくさんいらっしゃいますが、それも頷けます。
やはり、時間を費やすだけの価値がありますね。
時間の関係で、この日は境内には入りませんでしたので、それがちょっと残念でした。

最後は東門から東寺を出ると、見慣れたところに。
これで東寺のまわりを一周したことになります。
ぶらぶら歩いて、1時間弱。
同じコースで、もっとじっくり、ゆっくり見るなら(東寺の境内も見るとして)、3時間は欲しいところです。

ところで、東寺の東門の前にも、和菓子屋があります。

kita0124_17.jpg

こちらは「御菓子司 東寺餅」という名前で、東寺御用達で店名にもなっているお餅を売っています。既におはぎを買ってしまっていたので見送りましたが、こちらも地元の名店ですので、お試しあれ。すぐ近くには和にこだわった喫茶店の「一会」もあります。

kita0124_18.jpg

ギャラリーも併設されているおシャレなお店で、抹茶ラテ、抹茶と東寺餅のセットなどが楽しめます。東寺のまわりにはお店が少ないので、日祭日は混み合うそうです。

あと、個人的に興味を惹かれたのがこの看板。

kita0124_19.jpg

kita0124_20.jpg
和風な建物に看板がひとつだけ、他には何の飾りもない。
お店なのか何なのか。
後で調べてみたら、株式会社ニシカタという高価で希少なウィスキーを販売している酒屋さんだったようですが、現在は閉店されているようで残念。
しかし、東寺の目の前にこんなお店があったなんて、ちょっとおもしろいですよね。

とりあえず、目的だった東寺一周は達成したので、これにて探索は終了。
後は京都プラザホテルまで引き返すだけなのですが、東寺道を戻りながら、しばし寄り道を。

近くの銭湯をご希望のお客様に必ずおすすめしている「日の出湯」。

kita0124_21.jpg

kita0124_22.jpg

kita0124_23.jpg

映画のロケにも使われたという、濃密な昭和の香り漂ってきそうな銭湯です。
営業時間前で暖簾がかかっていないので、古びた民家のようですが、何とも鄙びた独特の風情があります。

kita0124_24.jpg

それと、鉄板焼き屋の「ひで」。
外国人のかたなど、お好み焼きではなくて鉄板焼きをご希望のお客様にはこちらをご案内しております。

この「日の出湯」と「ひで」は、そのうち実際に行ってみて、また記事にしたいと思います。

 

京都駅でおみやげを買うなら京都駅にあるハーベス京都店!!

京都には美味しい和菓子など沢山あり、迷ってしましますよね。
京都のおみやげは何が人気なのか?
京都のおみやげは何処で買ったらい良いのか?

よくお客様に聞かれます。
私はいつもお客さまに京都駅にあるハーベス京都店をお教えします。

京都駅にあるハーベス京都店
IMG_0398.JPG

ハーベス京都店は食品を専門に取扱うお店で京都を代表する京みやげを多数取り揃えています。また営業時間が朝7時から夜10時までなので便利です。

京都のお土産の日本酒.JPG

ラインナップとして
和菓子類、伏見の日本酒、一保堂のお茶、お漬物、七味など

京みやげ、一保堂のお茶.JPG

あと、お店の前はマールブランシュカフェがあり大人気のお菓子「茶の葉」も購入できます。
茶の葉マールブランシュ.jpg

ここから新館線のりば迄は徒歩で2分ほど、
比較的お客さんも少なく買い物しやすくなっております。

京都の人気和菓子といえば満月さんの【阿闍梨餅 】
お餅生地の中に餡がたっぷり詰まっていて、モチモチしてとっても美味しいです。新幹線内の京のみやげ店・古都みやび店で購入できます。

ぜひご参考下さい。

住所 〒600-8215 京都市下京区東塩小路釜殿町19-1
TEL (075)681-0486
FAX (075)672-5800
通常営業時間 ・食品専門館 7:00~22:00

 

京の冬の旅 非公開文化財特別公開

龍

冬の京都で、普段は見ることができない寺院所蔵の文化財をご鑑賞なさいませんか?

臨済宗の開祖、臨済禅師の1150年遠諱(おんき:50回忌を超える年忌のこと)に因んで禅宗の寺院を中心に、庭園、仏像、襖絵、建築など、秘められた京の美が、ただいま特別に公開されております。

東寺でも、密教の奥義が伝授される修行堂として知られる灌頂院の公開が8年ぶりに行われています。

灌頂院の建物以外にも、重要文化財の「両界曼荼羅図」(元禄本・複製)、国宝「両界曼荼羅」(伝真言院曼荼羅、模写)、日本画家、浜田泰介筆の国宝「十二天屏風」なども特別に展示されています。

特別公開の期間は3月末まで。

この機会にぜひご覧下さいませ。

詳しくは京都観光協会のサイトで。

https://www.kyokanko.or.jp/huyu2015/huyutabi15_01.html

京都で年越し蕎麦を、おけら参りに!!

御用納め、餅つき、大掃除、そして大晦日。
京都では、大晦日に祇園の八坂神社へ「おけら参り」、除夜の鐘を撞き、年越し蕎麦を戴き、元旦を迎えます。
こんな年末行事のフルコースも、出来なくなってまいりましたが・・・・・。
okera01.jpg

「おけら参り」は、大晦日に、八坂神社のおけら灯篭から「御神火」を火縄に授かり、くるくると回しながら自宅に持ち帰り、神棚の灯明に灯したり、雑煮を炊く火種に用いるなどして新年を祝います。燃え残った火縄は「火伏せのお守り」として、台所にお祀りします。 この火種でお雑煮を炊くと、一年間を無病息災に過ごせるそうです。

しかし、「おくどさん」がなくなって、されている人はめっきり少なくなりました。

P260003N.jpg
そして、除夜の鐘が撞けるのは、列ばなくてはなりませんが、壬生寺 真如堂 清水寺 醍醐寺 永観堂 大覚寺 常寂光寺 高台寺 善峯寺 平等院など沢山あります。よく大晦日のテレビ中継をされる知恩院は一般の参拝者は撞くことはできませんが、ぜひ一度、その重厚な鐘の音を聞いて下さい。

nisinsoba.jpg

さて、大晦日といえば「年越し蕎麦」。日本全国に見られる歳末の風物詩のようで、けっこう全国的にも多くの人が召し上がられているようです。また、大晦日に蕎麦を食べる人が多いことから、大晦日の蕎麦屋では持ち帰りのみで店内での営業を休んでいるところもあります。

年越し蕎麦は、八坂神社近辺なら「祇園の権兵衛」であなご蕎麦。

やっぱり「にしんそば」という方なら川端四条南座隣の「松葉本店」です。
昔から、京都では、朝廷への貢物も干魚類が主で、特に『にしん』『たら』は代表的なタンパク源として好んで常食していました。明治の初め、松葉の2代目松野与三吉さんが『にしんそば』を売出し、京都では年越し蕎麦と言えばにしん蕎麦と言われるまでになりました。
ちなみに、麩屋町通三条上ルの河道屋晦日庵のおろし蕎麦も最高ですよ!!
初詣に、観光に・・・・・・・・・・、